おかん。おとん。むすめ。親子3コロの日記です。


by yuzuretasu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日(10月29日 土曜日)
無事、抜糸してきました。
腫瘍の細胞検査の結果も先生から説明を受け
「良性でした。」

f0215106_017252.jpg


抜糸まで傷も気にすることなく
きれいです。
f0215106_0201585.jpg


中を縫合した糸も徐々に吸収されるので心配ないです。

これからは今まで以上に気をつけて
体中を観察していかなきゃ。

8歳のお誕生日も元気で迎えられます^^♪
[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-30 00:29 | 手術

術後3日目のはな。

18日火曜日の手術から3日目。
傷、気にすることなくお散歩もいってるし
ご飯もいつものようにモリモリ食べてます。

傷も赤みがとれて こんな感じになってます。
f0215106_22363631.jpg



f0215106_22371141.jpg


「乳首」は綺麗に残ってます。
・・・よくこんな場所を切ってるのに気にならないでいれる はなの強さにすごいなぁ~と。
20年以上前ですがお兄ちゃん(息子)が赤ちゃんの時、母乳でしたが
まだ歯も生えてない赤ん坊に噛まれても痛かったのに・・・
彩なんか3か月で歯が生えてきて何度も乳首から血が出るほど噛んで離さないから
鼻をつまんで口を開かせてやっとの思いで口を離させて
それからでもしばらくは ズキズキ痛くて 服がすれても痛くて・・・

はな。。。すごい。
家の中でも うーたんとおもちゃの奪い合いして
ひっくり返っても 走っても 痛そうにしてない。

f0215106_224676.jpg



f0215106_22463642.jpg



抜糸までこのまま順調に。

f0215106_22473662.jpg


ハウス。。。ホリホリして中でゴロ~ンゴロ~ンして ひっくり返して
そのまま・・・zzz

やっぱり はなはすごい。

f0215106_2251636.jpg


[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-21 22:51 | 病気

腫瘍発見の覚え書き。

前後しますが「乳腺腫瘍」を見つけた時のことです。

いつものようにお手入れを(ブラッシング)していた時です。
仰向けにして わきの下の部分をくしでとかしていた時に
何か手に当たる感じがしました。

初めは「乳首」だな。と思ったけど
何かちょっと違うような気がして(硬さが違う)
毛をかき分けて見ました。

?気のせい?
仰向けの状態で手を万歳の状態で見たら
丁度、血管のふくらみと重なってるのとその部分から
血管が枝分かれしていたので そのせいで。。。と思いました。
色も何もなくです。

で、もう一度、違う姿勢で
(横向きに寝かせ 手で触ってから 毛をかき分けて見る)
やっぱり 乳首とは違う「しこり」を手に感じました。

私だけの見方では はっきりとは。。。「腫瘍」と確定できないので
お兄ちゃんと彩にも確認してもらいました。

二人とも「なんかできてる。」
。。。やっぱりか・・・

はなの腫瘍は綺麗な丸。大きさはご飯粒。ボコボコもなってなかったです。
娘の「もも」の腫瘍はいびつでボコボコしていました。

腫瘍も個人差があるわけです。

そして次の日の朝、火曜日に病院へ、そのまま手術となりました。

ははの年齢で前回の手術の血液検査で 悪い数値はなく
避妊手術後、激太りすることなく 体重キープしていたので
なにも問題なく 即手術に踏み切ることができました。

丁度、ママのお仕事が月一の連休だったし
はなのことをずっと見てることができたのでよかったです。

前回の手術で「避妊」しましたが7歳だったし
乳腺腫瘍については 覚悟はしてました。

2歳半までに避妊手術をしなかった子はなりやすい病気なので。

これから↓はコピペです。

早期発見は簡単です。5歳以上の犬を飼っている場合には、月に1回でよいですから、お腹をなでるついでに乳腺をやさしくつまむようにして、しこりの有無を確認してください。なお、1歳前後で避妊手術(卵巣の切除)を受ける事により、乳腺腫瘍になる確率は大幅に減ります。早期の避妊手術が最大の予防法ということになります。ただし、2歳半以後に避妊手術を受けても、乳腺腫瘍の予防効果はないといわれています。

ちなみに うーたんは生後半年で1回もヒートなく避妊手術してるので
確率は0%に近いです。

まだ、体の表面上でわかる腫瘍だったので見つけられましたが
内臓は定期的にエコー検査が必要です。

そして手術費用ですが はなの場合は局所麻酔で簡単にできたので
安かったです。

本来の乳腺腫瘍ならもっと費用はかかります。

我が家では「ペット保険」に入ってません。
なぜなら無駄と思ってるから。
保険適用になる条件が保険会社によって違うし
結局、病気をしやすくなる年齢のときには審査が厳しくなってしまう。

毎月掛け金にする分(我が家では3コロ分)積立してます。
「おまもり」代わりに。
若い時は保険加入もいいでしょうけど
ある年齢になったら その後のことも考えないとね。

いつまでも元気に暮らせるように
日頃の生活で気をつけられることは ちゃんとしないとね。

f0215106_1303970.jpg


出窓でファミリー仲良くお昼寝姿zzz 
これを見るとほんと幸せをもらえます。
[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-20 01:33 | 手術
昨日、手術後の出血も少なく 入院することなく帰宅しました。

局所麻酔だったので
はなが暴れないか心配してましたが
普段から お手入れなども全く抵抗しない子なので
先生も看護師さんもびっくりするほど
終わるまで大人しくしていたそうです。

f0215106_1355478.jpg


傷も小さいです。
今回の縫合糸は「ナイロン製」です。
場所がワキ近くで 前回のステンレス製だと チクチクあたり
傷をなめたり 自ら抜糸してしまうおそれがあるので。と先生から説明を受けました。

昨夜、帰宅してからも食欲もいつも通り。
おもちゃで遊ぶし 相変わらず・・・ワンギャン!うるさかったです。
お兄ちゃんも心配で 早めに帰宅したけど
スカ食らってました^^。

抜糸まで10日間。

その間に「病理検査結果」
ドキドキです。結果が分かるまで。

今回、もう一つ先生が「よくこんなに小さい段階で見つけましたね。」でした。
場所も分かりずらい毛におおわれて探さないとわからない位置。
日頃から体全体を触って 見ていたから。
なんでもが「早期発見、早期治療」できたら
治せるし 負担がかからない治療ができます。
これからも ファミリー毎日のスキンシップで体中触りまくり 見まくります。


今回の治療費です。
薬代、抜糸までの費用も込みです。

f0215106_13215563.jpg


f0215106_13221281.jpg




普通の服だと 傷が隠れないので
うーたんのつなぎを着せました。
(いつものロンパースのゴムの位置が丁度、傷の上なので。)

f0215106_13251660.jpg


それと SEIKOに作ってもらった「エリカラ」で。

お出かけ日よりだけど 治るまで我慢。
[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-19 13:34 | 手術
昨日、はなの左胸(乳房の一番上)に 小さなしこりを見つけました。

今朝、病院へ。

診断は「乳腺腫瘍」

思っていた通り。

「もも」と同じ場所に 親子で。

はなの「しこり」はまだ 小さくて見つけてすぐだったので
大きくなるのを放置するより
今、小さい時に腫瘍をとってしまったほうがいいので
今日、そのままお預かりになって 手術します。

本来の「乳腺腫瘍」だったら 全身麻酔で腫瘍のある 右か左のおっぱいを
全部切除ですが
はなの腫瘍の大きさは「ご飯粒」ほど。
全身麻酔をせず、局所麻酔で手術して
腫瘍を病理検査に依頼します。

前回の手術から半年もたたないうちに
また・・・体にメスが入ります・・・・

後、2週間で8歳のお誕生日です。
元気でお祝いできるように・・・

夕方、病院からの連絡まで心配です。。。

術後報告 また夜にします。
[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-18 13:26 | 手術
はなの手術から1週間がたちました。
経過は順調で 「傷」をなめることもなく
自ら、抜糸することもなく 元気に過ごしてます。

水曜日に誰も家にいなくなる時間があり
心配だったので 連れて出かけましたが
いつもの「はな」で心配かけたお友達にも元気な姿をみせられました^^

昨夜からは 大好きなおもちゃで遊ぶようになり
もう傷は痛まないのか???
お又にはさむクッションで遊んでました。。。。

一人遊びが好きな子なので 
たろぅ うーたんが寝てる時間に 
はなだけ・・・おもちゃかごを物色して遊んでます。

f0215106_21475414.jpg


術後すぐにアクシデントの「手から流血」もあったけど
抜糸まであと少し。。。ロンパース姿です。


~~~~うーたんの気管虚脱

お薬が合ったので お薬を飲んでからは「咳」を一度もしてません。
先生も このままでしばらく様子を見ていきましょう。
との事なので、気温と湿度に気をつけながら普通の生活がしていけます。

いつもの梅雨より 気温が低めなので
うーたんの気管虚脱にはちょうどいいです。
ただ・・・・暑くなってきたら・・・
関西も「節電15%」って言ってるから クーラーも温度調節がね。。。
お留守番の時は 1階の部屋でクーラーかけて居てもらわなきゃ。

「節電」。。。病気を持っている子には厳しい!
去年も熱中症で病院に来てる子に何度か遭遇したけど
今年はもっと増えるのかな・・・?
大阪の夏は ハンパない暑さだから
我が家では「節電」しませんよ~!
ワン子たちの体のほうが 大切ですから。

f0215106_21582776.jpg


[PR]
by yuzuretasu | 2011-06-18 21:59 | 手術
6月11日の手術前(手術を決める前)の血液検査の数値。

f0215106_7222558.jpg



検査結果の説明の時に先生が下さったものです。

f0215106_7231697.jpg



f0215106_725673.jpg



体重は2.36kg

今回の手術、一応、緊急(そのままお預かり即手術)でしたが
通常の「避妊、へそヘルニア手術」の料金でしてくださいました。

f0215106_7352082.jpg


手術は関係ない「歯磨きガム代金2つ」が加算されますが
うーたんの手術の時の4分の1です。






早くこのポーズで寝てくれるようになってくれたら安心なんだけどな。。。
f0215106_737454.jpg


[PR]
by yuzuretasu | 2011-06-13 07:38 | 手術
昨夜のアクシデントの怪我。

急にエリカラをとりたくて 手をかけてガシャガシャ暴れて
止め部分にゆびが引っ掛かり 切れてしまいました。
朝には傷もふさがり血も出ていなかったけど
ちょっと気になってることもあったので診察に行ってきました。

昨夜の怪我の事を話したら
今まで病院では初めての事で 予測もしなかったと
痛い思いをさせてしまって ごめんね。とはなと私に謝罪してくださいました。

私のほうこそ はながそこまで暴れるとは思わず
すぐ制止することもできなかったので反省してます。

もう一つは 金曜日からほとんど睡眠をとっておらず
昨夜も少し横になっては「キャンキュン」と泣いては起き上がって
お座りの状態でうとうと・・・
はなの体力的にも・・・心配だったので
少しでも眠れるようなお薬を投薬してもらいました。

術後、食事はちゃんと食べるんですがうんpをしてないので
腸の動きをよくする整腸剤を投薬。

朝の段階では安定剤も初めてのお薬なので
ごく弱いのを と言うことだったので あまり効き目がなく
もう一度 夜、診察に連れて行きました。

違うお薬をもらい 帰宅して食事を済ませてから投薬し効いてきてからは
やっと横になって寝てくれてます。
痛みを和らげるお薬も入っているので 泣くこともなくなりました。

後はうんp・・・・
もともと便秘症なのと麻酔をすると腸の動きが鈍くなるので
整腸剤で様子を見ましょう。と。
ちゃんと腸は動いているので 明日にはモリモリ・・・かな。

まだ2日目なのと 今日1日で2回も病院へ連れていかれてるので
元気はないですが 尻尾は振ってくれるようになりました。

今夜は息子が はなに付いて(ハウスの前で)寝てくれます。
私も今夜はベットでzzz

明日はもう少し元気になってくれるといいな。


写真は昨夜 怪我をする前です。
この後に 暴れてカラーの止め部分にゆびが引っ掛かり「流血」しました。

f0215106_191725.jpg

[PR]
by yuzuretasu | 2011-06-13 01:07 | 手術
はな 無事、手術が終わり 帰宅することができました。

f0215106_1727176.jpg



午後の診察時間4時ぴったりに病院へ行きました。
先生は違う患者さんの緊急手術のために直接 詳しいお話ができませんでしたが
手術は順調に変わったこともなく済んだようです。
麻酔からもちゃんと覚醒してるので大丈夫ですよ。と。
詳しい話はまた先生が連絡をくださるそうです。

うーたんの時が傷が大きく複数だったので
はなも傷は大きくなるんだろうな・・・と思ってましたが
「これだけ?」ってほどです。

もも うーたん ゆき がおっぱいと間違って吸っていた
でべそなくなりました。


もともとよく舐める子なので エリカラをされ
看護師さんのお話を聞いているときも エリカラが嫌で
外してしまい・・・
看護師さんにがっちりとテープで固定されてしまいました。

昨日からほとんど寝ておらず・・・
眠たいけど エリカラが気に入らなく・・・
場所をいろいろ変えつつ・・・
先ほどから 小さい声で「キュンキュン」と何度か泣いたり
部屋の隅へ逃げていき ガタガタふるえてます。
まだ、抱っこは嫌みたいですぐに膝の上から離れていきます。


可哀そうだけど・・・傷が開いてしまうより エリカラさせておきます。
柔らかいタイプ。。。。はなの手足が短いのでサイズが合わず・・・
断念。

とても神経質な子なのでしばらくは目が離せません。
ただ・・・どうしてもの時ように
いつもパパのところへ持っていく 「折りたたみソフトハウス」をリビングに出しました。
サイズも大きいしネットになっているので エリカラも引っかからないし
カシャカシャとぶつかる音も大丈夫そうです。

たろぅとうーたんは 「どうしたの?」と不思議そうにはなを遠巻きにみてます。

緊急性がなくなったし 無事、帰ってこれたので安心しました。
抜糸までは何事もなく・・・・

ご心配おかけいたしました。
[PR]
by yuzuretasu | 2011-06-11 17:58 | 手術
↓昨日の日記に続きます。

はな 夜も(夜中)も状況が変わらず
同じ状態でした。

前後しますが
お散歩へ行ったら気分が変わるかも?とおもい
どしゃ降りでしたが はなだけをつれて外へ出てみました。
普通どおりにお散歩はして おしっこもちゃんとしました。

帰宅してからも またトイレでちゃんとおしっこもしたし
血液が混じるわけでもなく いつもと同じでした。

だけど まだ・・・状態は変わらず。

ちょっとまえの「うーたん発熱」の時みたいに 体温が高いわけでもなく平熱。
お腹がパンパンに張っているわけでもなく。
以前のショック症状を起こした時のように「歯ぐきの色」は通常。

何が???

全身を触りまわって 毛をかき分けて・・・・

「でべそが!」
いつもより 大きくなってました。
前にせり出すように
色も いつも「肌色」なのに 「少し色が濃くなってる」

「これだ!原因は」

病院へ連絡を取り診てもらいましたが 「朝まで様子を見てみましょう。」と言われ
そのまま帰宅。

昨夜の状態よりも良くなってることはなく・・・
「でべその色」も少し うっ血してぼこぼこしてきました。

朝一番で病院へ行き診察を受け
各検査、エコーで子宮蓄膿症を診てもらいましたが大丈夫でした。通常です。
血液検査、各項目平常値。
心臓、肺なども平常。


(私一人じゃ怖かったので息子に付き添いしてもらいました)

先生:
今の状態での緊急性は100%ではないですが、いつ緊急になって命にかかわる状態になるかはわかりません。でも、今の段階で手術をしたほうがリスクが少なくて済みます。
年齢の事もありますし どうしましょうか。

息子にも話を聞いてもらっていたのでその場ですぐに
「してください。お願いします。」

そのまま入院。

今回の(前回の日記) はなの嫌いで怖い状況下の日が
ちょうど「発情後期」になっていて
ホルモンバランスが安定せず 精神的に悪い状態になってしまってます。

1日、興奮状態(ハァハァ・・・ガタガタ・・・ブルブル・・・)で眠れず
腹圧がかかってしまって
今回の病状になってしまったようです。

子宮蓄膿症の心配がありましたが 違ってよかったです。
でも今回、「避妊手術」もお願いしてきました。
11月で8歳になるし もし今度、子宮蓄膿症になったときに
気がつくのが少しでも遅れてしまったら・・・

そう思い。。。。

今、はな手術中です。
4時までに先生から連絡がなければ 迎えに行けますが
それまでに連絡があったら入院です。

日記を書いてる場合じゃないけど・・・
何かしてないと 落ち着かなくて 覚えていることを
わけもわからず キーボードたたいてます。

文が支離滅裂ですが・・・・

はなが元気に帰ってくるように。

f0215106_1117086.jpg


[PR]
by yuzuretasu | 2011-06-11 11:17 | 手術