おかん。おとん。むすめ。親子3コロの日記です。


by yuzuretasu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:手術( 17 )

術後1週間の診察で 経過がいいので
先生に「後4・5日してかかなければエリカラ外していいですよ。」と。
エリカラしているせいで、首がこすれて
しているときは よくカキカキしていたので
外すのが怖かったけど 以外にも大丈夫でした。

不自由なエリカラ生活から解放されたのはよかったけど
くびまわりが ものすごい状態の毛玉になってしまって
コーム、スリッカーも歯が立たない。
このままにするわけにも可哀想だし
娘と二人でザクザクハサミでカットしました。

ガタガタだけど 前のたろぅの感じに。

手術の時に 剃られた眼のまわりも
おもったより早く毛がはえてきて
生々しさがましになりました。
f0215106_17242814.jpg


術後3週間。
すごく元気です。
以前のように うーと遊ぶし 家の中でも走り回ったりもします。

そして 可愛く「ウインクした笑顔」を見せてくれます。

左目はうしなってしまったけど
「ウインクたろぅ」になりました。

緑内障のなる原因は不明です。
気が付いた時には手遅れになってることがほとんどです。
たかが目やにがあるな。少し充血してるな。
そんな時はちゃんと診断ができる先生に。
たろぅの場合は痛みはうったえなかったです。
こういう事もあるけど
ひどい痛みでガタガタと震えが止まらない子もいます。
年齢も関係ないし 犬種もです。
ネットでは「なりやすい犬種は…」書いてるけど
どの子にもです。

たろぅの右目はまだ大丈夫なので
1ヶ月事の眼科検診だけは続けていきます。

長かった緑内障とは おさらばです。

[PR]
by yuzuretasu | 2016-04-30 00:12 | 手術
たろぅの眼球摘出手術から2週間が過ぎ
エリカラも外れて いつも通りの生活になりました。

緑内障が診断されてから1年10ヶ月の事を
綴っておこうと おもいます。


035.gif056.gif035.gif056.gif

少し目やに(色はついてない)があって
白眼をみたら 少し充血していたので
かかりつけの先生に診察してもらいました。

すぐに目のまわりの毛をかき分けて
左右の目の大きさを指摘されました。
でも…私にはそう言われたら 左右違うかな?
それくらいの違いでした。

かかかりつけの先生から すぐに眼科専門医で受診するように言われ紹介してもらい
予約日まで緑内障の目薬をさすようと。

数日後、眼科へ受診。
即、「緑内障です」の診断されました。

緑内障治療の説明を聞きました。
①数種類の合う目薬を試して 目薬で眼圧を下げて
定期的に(良い時は1ヶ月後、悪い時は2週間後)
眼圧検査をする。
②義眼手術。 術後は1週間入院し1年ほどは目薬。
定期的な検査。
義眼が合わなければ再手術。
義眼は飼い主側の見た目を変えてほしくない。の希望でする手術。犬にとっては術後の治療もあるので負担になる。
③眼球摘出手術。
眼球を摘出しまぶたもとり、縫合してふさぐ。
入院も1泊。術後の治療は傷が炎症などなければ
抗生物質を1週間。術後の検診1回で終了。


この説明を娘と一緒に聞き 次の受診までに
選択してください。と。

私達は出来ることなら 手術をしないで
もう見えてなくても 目を残すことを選択しました。
長い治療の始まりでした。

眼圧をあげてしまうことは 全て禁止され
決まった時間に数種類の目薬の点眼
吠えることも禁止でした。
喜ばせることもです。

定期的な眼圧検査で数値が高ければ
2週間ごとの検診。
眼圧が下がっていれば4週間後。

眼圧が落ち着いてる時もあったけど
それでも 左目は20~30。
高いときは50~60こえてました。


興奮させないようにしたけど

無理でした。

点眼治療をしてから1年過ぎた頃からは
目薬の副作用が出て来て 目やに角膜の炎症
などがどんどんひどくなりました。

1年半が過ぎた頃からは 眼圧が下がらなくなり
いつも40~50。
眼球の表面に血管が浮き出てきました。

眼科医にも「点眼治療の限界です」と告げられ
手術の選択を言われました。

娘と何度も話し合い たろぅにとって負担にならない
「眼球摘出」に決めました。

眼科医もたろぅの事を一番に考えるなら
摘出が一番だと。言ってくれたのでお任せしました。

退院日のたろぅです。
傷はそのままです。ガーゼなどしてません。
f0215106_17410790.jpg

帰りの車で。

眼圧が高かったので普通よりは出血が多かったそうです。
腫れも日に日になくなっていきました。

エリカラを外せないので 生活に不便があり
ご飯もお茶碗を口まで持っていって
お水もどのお皿にしても 台を変えても
無理でした。
それでも はなとうーにはいつものところにお水がないと飲めないので 置いていたけど
たろぅがエリカラで引っかけて こぼしてびちゃびちゃにしてました(笑)

家のトイレもエリカラが邪魔で我慢して
一度だけ失敗してから トイレに行かなくなり
外にトイレに行ってました。
外ではちゃんと出来たし エリカラをガリガリ引きずって歩く姿が 何とも言えなかった。

f0215106_10273229.jpg


その②に続きます。
[PR]
by yuzuretasu | 2016-04-21 10:45 | 手術

はな乳腺腫瘍手術終了

はなの手術 無事終わりました。
予定より広範囲の手術になったけど
幹部は全て摘出出来た。と先生から説明があり
摘出したモノも見せてもらい
摘出した所の手術写真もみせてもらいました。

腫瘍の病理検査の結果はまだ日にちがかかるけど
はなの負担に(弱らせてしまう)積極的治療はしない。
家族で決めたことを先生にも話しました。
持病のクッシング症候群のこともあるし
どれだけ はなを今まで通りの生活をしてあげられるかが一番優先です。

傷が痛いのか いつもよりおとなしくしてるけど
2、3日したら ワガママやりたい放題のはなになると思うな。

昨日の術後のはな。
f0215106_12234269.jpg

エリカラされて凹んでたので
帰ってから外しました。
10日後に抜糸します。


今日はこれから たろぅの眼球摘出手術後、
1週間目の診察へ行きます。
エリカラ生活も慣れて 元気にしてます。
エリカラがブルドーザーみたいに物を引っかけて
ぐちゃぐちゃにしながら(笑)
本人は「?」て。
そんなたろぅのおとぼけたところに
辛いおもいをさせてしまった事も
少し救われてます。

f0215106_12461572.jpg

[PR]
by yuzuretasu | 2016-04-17 12:24 | 手術

3回目の手術。

まだ たろぅの手術をしてから1週間もたたないのに
今度は はな。
2回目の乳腺腫瘍手術します。

先週 みつけました。
右乳首の下にしこりを。
たろぅの手術が決まっていたから
たろぅが退院したら はなを診察してもらって
運よく 週末の手術日があいていたので
土曜日に はな3回目の手術します。

前回は5年前に米粒ほどの腫瘍を局所麻酔で手術しました。

たろぅ…まだまだ不自由な生活で
ご飯を食べるのも 水を飲むのも介添えがいります。
家のトイレもたろぅがしやすいようにしたけど
1回だけ失敗したことが たろぅ自信がショックだったのか

何度かトイレに連れていってもシートではしなくなりました。
朝 昼 夜 トイレだけに 家の近くで。
でも今日は昼から雨が降ってるから…。


たろぅも頑張ってます。
はなも頑張ろうね。

f0215106_22492011.jpg

[PR]
by yuzuretasu | 2016-04-13 18:19 | 手術

親娘で。

台風の日に先週から予約していた
デンタルケアに朝から
はな、うーたんの親娘でいってきました。
夕方のお迎えの予定でしたが
先生が早い時間に終わるようにしてくれたので
お昼過ぎに二人とも終わりました。

f0215106_18145968.jpg

疲れて?? はな。

いつもならドタバタ暴れてるのに
自らハウスしてる うーたん
f0215106_1815047.jpg

薄目だけど この状態は爆睡??

お休みだけど台風の影響で☔??
お散歩も行けないから
久しぶりにまったり ゆっくり過ごそうね。
f0215106_1815243.jpg

[PR]
by yuzuretasu | 2012-06-19 18:04 | 手術
今日(10月29日 土曜日)
無事、抜糸してきました。
腫瘍の細胞検査の結果も先生から説明を受け
「良性でした。」

f0215106_017252.jpg


抜糸まで傷も気にすることなく
きれいです。
f0215106_0201585.jpg


中を縫合した糸も徐々に吸収されるので心配ないです。

これからは今まで以上に気をつけて
体中を観察していかなきゃ。

8歳のお誕生日も元気で迎えられます^^♪
[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-30 00:29 | 手術

腫瘍発見の覚え書き。

前後しますが「乳腺腫瘍」を見つけた時のことです。

いつものようにお手入れを(ブラッシング)していた時です。
仰向けにして わきの下の部分をくしでとかしていた時に
何か手に当たる感じがしました。

初めは「乳首」だな。と思ったけど
何かちょっと違うような気がして(硬さが違う)
毛をかき分けて見ました。

?気のせい?
仰向けの状態で手を万歳の状態で見たら
丁度、血管のふくらみと重なってるのとその部分から
血管が枝分かれしていたので そのせいで。。。と思いました。
色も何もなくです。

で、もう一度、違う姿勢で
(横向きに寝かせ 手で触ってから 毛をかき分けて見る)
やっぱり 乳首とは違う「しこり」を手に感じました。

私だけの見方では はっきりとは。。。「腫瘍」と確定できないので
お兄ちゃんと彩にも確認してもらいました。

二人とも「なんかできてる。」
。。。やっぱりか・・・

はなの腫瘍は綺麗な丸。大きさはご飯粒。ボコボコもなってなかったです。
娘の「もも」の腫瘍はいびつでボコボコしていました。

腫瘍も個人差があるわけです。

そして次の日の朝、火曜日に病院へ、そのまま手術となりました。

ははの年齢で前回の手術の血液検査で 悪い数値はなく
避妊手術後、激太りすることなく 体重キープしていたので
なにも問題なく 即手術に踏み切ることができました。

丁度、ママのお仕事が月一の連休だったし
はなのことをずっと見てることができたのでよかったです。

前回の手術で「避妊」しましたが7歳だったし
乳腺腫瘍については 覚悟はしてました。

2歳半までに避妊手術をしなかった子はなりやすい病気なので。

これから↓はコピペです。

早期発見は簡単です。5歳以上の犬を飼っている場合には、月に1回でよいですから、お腹をなでるついでに乳腺をやさしくつまむようにして、しこりの有無を確認してください。なお、1歳前後で避妊手術(卵巣の切除)を受ける事により、乳腺腫瘍になる確率は大幅に減ります。早期の避妊手術が最大の予防法ということになります。ただし、2歳半以後に避妊手術を受けても、乳腺腫瘍の予防効果はないといわれています。

ちなみに うーたんは生後半年で1回もヒートなく避妊手術してるので
確率は0%に近いです。

まだ、体の表面上でわかる腫瘍だったので見つけられましたが
内臓は定期的にエコー検査が必要です。

そして手術費用ですが はなの場合は局所麻酔で簡単にできたので
安かったです。

本来の乳腺腫瘍ならもっと費用はかかります。

我が家では「ペット保険」に入ってません。
なぜなら無駄と思ってるから。
保険適用になる条件が保険会社によって違うし
結局、病気をしやすくなる年齢のときには審査が厳しくなってしまう。

毎月掛け金にする分(我が家では3コロ分)積立してます。
「おまもり」代わりに。
若い時は保険加入もいいでしょうけど
ある年齢になったら その後のことも考えないとね。

いつまでも元気に暮らせるように
日頃の生活で気をつけられることは ちゃんとしないとね。

f0215106_1303970.jpg


出窓でファミリー仲良くお昼寝姿zzz 
これを見るとほんと幸せをもらえます。
[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-20 01:33 | 手術
昨日、手術後の出血も少なく 入院することなく帰宅しました。

局所麻酔だったので
はなが暴れないか心配してましたが
普段から お手入れなども全く抵抗しない子なので
先生も看護師さんもびっくりするほど
終わるまで大人しくしていたそうです。

f0215106_1355478.jpg


傷も小さいです。
今回の縫合糸は「ナイロン製」です。
場所がワキ近くで 前回のステンレス製だと チクチクあたり
傷をなめたり 自ら抜糸してしまうおそれがあるので。と先生から説明を受けました。

昨夜、帰宅してからも食欲もいつも通り。
おもちゃで遊ぶし 相変わらず・・・ワンギャン!うるさかったです。
お兄ちゃんも心配で 早めに帰宅したけど
スカ食らってました^^。

抜糸まで10日間。

その間に「病理検査結果」
ドキドキです。結果が分かるまで。

今回、もう一つ先生が「よくこんなに小さい段階で見つけましたね。」でした。
場所も分かりずらい毛におおわれて探さないとわからない位置。
日頃から体全体を触って 見ていたから。
なんでもが「早期発見、早期治療」できたら
治せるし 負担がかからない治療ができます。
これからも ファミリー毎日のスキンシップで体中触りまくり 見まくります。


今回の治療費です。
薬代、抜糸までの費用も込みです。

f0215106_13215563.jpg


f0215106_13221281.jpg




普通の服だと 傷が隠れないので
うーたんのつなぎを着せました。
(いつものロンパースのゴムの位置が丁度、傷の上なので。)

f0215106_13251660.jpg


それと SEIKOに作ってもらった「エリカラ」で。

お出かけ日よりだけど 治るまで我慢。
[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-19 13:34 | 手術
昨日、はなの左胸(乳房の一番上)に 小さなしこりを見つけました。

今朝、病院へ。

診断は「乳腺腫瘍」

思っていた通り。

「もも」と同じ場所に 親子で。

はなの「しこり」はまだ 小さくて見つけてすぐだったので
大きくなるのを放置するより
今、小さい時に腫瘍をとってしまったほうがいいので
今日、そのままお預かりになって 手術します。

本来の「乳腺腫瘍」だったら 全身麻酔で腫瘍のある 右か左のおっぱいを
全部切除ですが
はなの腫瘍の大きさは「ご飯粒」ほど。
全身麻酔をせず、局所麻酔で手術して
腫瘍を病理検査に依頼します。

前回の手術から半年もたたないうちに
また・・・体にメスが入ります・・・・

後、2週間で8歳のお誕生日です。
元気でお祝いできるように・・・

夕方、病院からの連絡まで心配です。。。

術後報告 また夜にします。
[PR]
by yuzuretasu | 2011-10-18 13:26 | 手術

無事、抜糸完了。

11日に手術をして
順調に回復していたので
今日、予定通り 抜糸できました。

まだ少し傷の腫れと かさぶたが残っているので
なめないように注意!
なので・・・まだロンパース生活です。

今日は、ムシムシ。。。蒸し暑いので
クーラー入れて快適温度でワン達過ごしてもらってます。

f0215106_13323430.jpg


明日はお出かけ♪
みんなと遊べるよ♪
[PR]
by yuzuretasu | 2011-06-21 13:33 | 手術